失敗したくない!医療脱毛と脱毛サロンはどっちを選ぶ?

脱毛機器の違いによる脱毛効果

カミソリなどでムダ毛を自己処理していると、肌を傷つけてしまう心配がありますよね。肌を守りながら脱毛したいと思う方も多いのではないでしょうか。脱毛には医療機関で行う医療脱毛とエステサロンで行うエステ脱毛の2種類があります。
医療脱毛とエステ脱毛の違いのひとつが、使用する脱毛機器です。医療機関では一般的に医療レーザーを肌に照射して脱毛します。エステサロンでは、主に熱を持った光を照射する脱毛機器を使用します。医療機関で使用するレーザーは強力な出力があり、脱毛効果が高いです。一方、エステサロンで使用する脱毛機器は、医療レーザーと比較すると脱毛効果が低いため、脱毛が完了するまでに長い期間を要します。また、医療脱毛は医師や看護師がいるので、施術中や施術後のトラブルにも適切な処置をしてくれます。

自分に合った方法を選びましょう

医療機関では医師や看護師が施術をすることもあり、エステ脱毛より料金はかかりますが、脱毛までの期間が短くて済みます。つまり、料金が高く脱毛までの期間が短いのが医療エステ、脱毛が完了するまでの期間が長くコストがかからないのがエステ脱毛ということになります。
脱毛サロンは全国展開している大手のサロンや個人で開業しているサロンなど各地にあり、施術を受けに通いやすいというメリットがあります。医療脱毛を行う医療機関も増えてきていますが、エステサロンよりは数が少ないのが現状です。医療脱毛でもあってもエステ脱毛であっても一度の施術で脱毛が完了するわけではないので、通いやすさというのも選ぶ時のポイントになりますね。
どちらも、脱毛をするという目的は同じです。料金や期間、通いやすさなどを吟味して、自分に合った脱毛方法を選びましょう。