ここが違う!医療脱毛とエステ脱毛の決定的な違いとは

施術効果が大きく異なる

大きな相違点の一つは、永久脱毛ができるかどうかです。両者は脱毛をする点では共通していますが、効果の持ち具合に差異が見られます。医療脱毛の場合は永久脱毛をすることができ、半永久的にムダ毛を生えなくさせることが可能です。かたやエステ脱毛の場合は永久脱毛ができません。一時的に生えなくさせる効果にとどまり、後に再発毛をする可能性があると言えます。したがって、ずっと効果を長持ちさせたいのなら、医療脱毛をチョイスするのが賢明と言えそうです。料金面に関しては医療脱毛の方が割高になることも多いのですが、効果が続くことを踏まえると、結果的にはお得とも言えるでしょう。ただ、だからといってエステ脱毛の効果が低いわけでもありません。自分で脱毛をするよりも効果は長持ちしますし、脱毛保証があるところを選べば、生えてしまった時にも保証を使って施術を受けられます。

麻酔が使える・使えない

もう一つの相違点として、麻酔の可否も挙げられます。エステ脱毛の場合は当然、麻酔を使って施術をすることはできません。医療機関ではありませんので設備がなく、施術時の痛みも基本的には我慢をするほかないです。麻酔が必要ならば医療機関を選択するのが良いと言えます。医療設備が整っているため、必要に応じて痛みを取り除くための処置を講じてもらうことが可能です。とはいえ、麻酔が使えないエステ脱毛だからといって、強い痛みを我慢しなければいけないわけでもありません。低刺激で脱毛ができるマシンを採用するところも多く、麻酔がなくともそれほど痛みを感じずに済むこともあるのです。エステの中には体験脱毛ができるところもあるため、一度施術を受けた上で、麻酔があった方が良いのかどうかを考えてみるのも良いかもしれませんね。